←トップ頁へ

和名jp アタゴ
漢字表記 愛宕
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は品種名から。
属名は、17世紀チェコスロバキアの宣教師でマニラに滞在し東洋の植物を採集したことで知られるG.J.カメルスの名に因んでいる。
種小名は「日本の」の意。
品種名命名の所以不詳。地名に因んでいるものと推測される。
学名sn Camellia japonica ' Atago'
英名en
撮影者:東京都 山口米子様
仏名fr
独名de
伊名it 撮影地:神代植物公園
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 ツバキ科ツバキ属
園芸分類 常緑低木
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
園芸作出品種(日本)
花言葉 誇り、完璧な魅力
解説
description
アタゴはツバキ科の常緑樹である。樹高は5m前後程度となる。本種の来歴等については不詳。ヤブツバキ系の園芸品種である。葉は革質で、長さ5~12㎝、幅3~7㎝程度の卵形~楕円形で、枝に互生する。葉縁には鋸歯があり、先端部は鋭頭となる。3~4月頃、濃紅色地に白斑模様が入った径6㎝程度で筒咲きの花をつける。雄蕊の下半分は合着して円筒状となる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考