←トップ頁へ

和名 アサヒヤマ
漢字表記 旭山・朝日山
別名・異名
古名
語源 和名の語源については不詳。(地名からなのだろうか?)(漢字表記も、「朝日山」・「旭山」何れが正しいのかも不詳。)/属名はラテン語のcerasus(=桜樹)に由来している。/種小名は「園芸家ラネスの」の意。/品種名の語源不詳。
学名 Cerasus lannesiana ' Asahiyama'(=Prunus lannesiana ' Asahiyama'
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 バラ科サクラ属
園芸分類 落葉低木
用途 鉢植え/盆栽
原産地 園芸作出品種
花言葉 しとやか、善良な教育、豊かな教養
解説 アサヒヤマは、バラ科の落葉樹である。園芸サクラの1品種であるが、詳細についてはよく分からない。樹高は2m程度まで。矮性種であるが、花つきがよいので、盆栽愛好家が愛倍することの多いサクラである。若葉は、開花とほぼ同時に展開し、褐色を帯びているが、やがて黄緑色へと変化する。成葉は長さ5~10㎝、幅3~4㎝倒卵状楕円形~長楕円形で、縁には重鋸歯があり、先端は尾状に尖り、枝に互生する。4月中旬頃散房状の花序を出し、2~4個の花をつける。花弁は10~18枚程度で、長さは2センチ程度、色は淡紅色。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考