←トップ頁へ

和名 アサダ
撮影:GKZ/日光植物園↑ 
下2図撮影者:千葉県 三浦久美子様

↑撮影地:小石川植物園↓
漢字表記 漢字表記不詳(浅田?)
別名・異名 ミノカブリ
ハネカワ
セイカパル(アイヌ語名)
古名
語源 和名の語源については不詳。/属名は、ギリシャ語のosteo(=骨)に由来している。材が非常に堅いため。/種小名は「日本の」の意。
学名 Ostrya japonica Sarg.
英名 Japanese hophorn bean
Iron-wood
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 鉄木
植物分類 カバノキ科アサダ属
園芸分類 落葉高木
用途 材が非常に堅く光沢を持つため、建具や器具に、また、材質の色合いから経木にも利用される。
原産地 日本/済州島/中国北部
花言葉
解説 アサダは、カバノキ科の落葉高木である。樹高は15~18m程度。樹皮が鱗片状に剥がれる特徴を見せる。葉は、卵状長楕円形で、長さは7~12㎝程度、両面に軟毛を密生させ、ビロード状の感触を示す。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考