←トップ頁へ

和名 アローカスアリーナ・フミリス
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のallos(=異なる)とCasuarina(=旧モクマオウ属)の合成語から。/種小名は「低い」の意。
学名 Allocasuarina humilis
英名 Dwarfsheoak,
Dwarf casuarina
仏名
独名
伊名 撮影地:西オーストラリア州
西名 ホワイトマンパーク
葡名
漢名
植物分類 モクマオウ科モクマオウ属
園芸分類 常緑低木
用途 防風樹/風致木
原産地 オーストラリア
花言葉 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
解説 アローカスリアリーナ・フミリスはモクマオウ科の常緑樹である。本種は、オーストラリア西部~南部沿海地の砂壌地に自生の見られる針葉樹である。樹高は0.2~2m程度。まるでマツかと思える常緑樹である。幹は直立し、葉は退化して枝に鱗片状につく。枝は淡緑色で、やや垂れ下がる。葉は退化して鱗片状での糸状となり枝に輪生する。花は6月頃雌雄別の単性花を枝先につける。雄花は長い穂状花序で円筒形、雌花は短い側枝の先に頭状に集まる。果実は球果状で、10月頃に熟す。掲載した写真に見られるのは雄花であり、雌花は葉腋につき、長さ10~20㎜、径1~1.5㎝程度の灰色の円筒状である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考