←トップ頁へ

和名 アリストロキア・サルヴァドレンシス
漢字表記
撮影者:東京都 山口米子様

撮影地:京都府立植物園
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。
属名は、ギリシャ語のarist(=最良)とlochia(=出産)の合成語で、花の形状が胎児を連想させることからという。
種小名は「エル・サルヴァドルの」の意。
学名 Aristolochia salvadorensis
英名 Birthwort
Darth vader plant
仏名
独名
伊名
西名 Guaquito de tierra
葡名 Darth vader
漢名
植物分類 ウマノスズクサ科ウマノスズクサ属
園芸分類 常緑小低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 中央アメリカ
花言葉
解説 アリストロキア・サルヴァドレンシスはウマノスズクサ科の蔓性常緑樹である。樹高は3~5m程度となる。葉は楕円状で、縁部は全縁であるが波打ち状となり、基部では短い葉柄に連なり茎に互生する。掲載した写真で、一見して花のように見える部位は、実際は萼片である。つまり花弁は持たない。萼片の外側は濃赤褐色地に白色の網目模様が入る。花径は4~5㎝程度。本種は、アメリカのSF映画「スター・ウォーズ」に登場したダース・ヴェイダーに花姿が似ているということで、今ではDarth vaderの名で流通を見ている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考