←トップ頁へ

和名 アリサンバライチゴ
撮影者:千葉県 三浦久美子様
 撮影地:筑波実験植物園
漢字表記 阿里山薔薇苺
別名・異名 アリサンオオバライチゴ(阿里山大薔薇苺)
古名
語源 和名は、阿里山に自生の見られるバライチゴの意から。
属名は、ruber(=赤)を語源とするラテン古名が語源。
種小名は「バラのような葉の」の意。
変種名は「台湾の」の意。
学名 Rubus rosifolius var. formosanus
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 虎婆刺、刺莓、野草莓、刺苺、刺波、台灣懸鉤子、薄瓣懸鉤子、刺子、虎梅刺、虎不刺、倒觸傘
植物分類 バラ科キイチゴ属
園芸分類 常緑低木
用途 食用(果実)
原産地 日本(与那国島)・台湾
花言葉
解説 アリサンバライチゴは、バラ科の常緑樹である。樹高は1.5m程度となる。枝葉柄には軟細毛が密生する。葉は奇数羽状複葉で、枝に互生する。小葉は長さ2~8㎝程度の卵状楕円形で、縁部には重鋸歯があり、先端部は尖る。葉の両面には祖毛が多く見られる。1~4月頃、枝先の葉腋に径2.5~3㎝程度で白色5弁の花を付ける。花後の果実は径1㎝程度の球状で赤熟する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考