←トップ頁へ

和名jp アリドオシ
撮影者:東京都 中村利治様↑
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:京都府立植物園
漢字表記 蟻通
別名・異名
other name
コトリトマラズ
ネズミバナ
イチリョウ(一両)
古名
old name
小石川植物園にて→
語源
etymology
和名は、刺が鋭く、アリをも刺し通すの意から。
属名は、ギリシャ語のdamnao(=優れる)とacantha(=刺)の合成語からで、鋭い刺針をもつことから。
種小名は「インドの」の意。
学名sn Damnacanthus indicus
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 虎刺
伏牛花
植物分類 アカネ科アリドオシ属
園芸分類 常緑小低木
用途use
原産地
distribution
日本(関東地方以南)/台湾/中国南部/インドシナ半島
花言葉
解説
description
アリドオシは、アカネ科の小低木である。概して常緑樹林下に自生する小低木である。樹高は30~50㎝程度。葉は卵形で枝に対生する。葉の腋には托葉の変化した細い刺がある。刺の長さは葉と同程度で2㎝前後程度。葉の先端は鋭頭で、葉質は革質、光沢を持つ。5月頃、葉腋に1~2個の白色の筒状花を開く。花冠の先端は4裂する。果実は球形(径5㎜前後)で、9月頃に赤熟する。果実は翌春まで枝に残ることもある。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『物類品隲』、『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
俗信 関西地方では、センリョウ並びにマンリョウと本種を鉢に植えて「千両、万両、有り通し」と呼んで床の間に飾る。
備考