←トップ頁へ

和名 アラハダヒッコリー
漢字表記 荒肌ヒッコリー
別名・異名 オーヴァータ・ヒッコリー/シャグバーク・ヒッコリー
古名
語源 和名は、樹皮が剥がれやすいヒッコリーであることから。/属名は、ギリシャ語で「クルミの木」の意。/種小名は「卵円形の」の意。
学名 Carya ovata
英名 Shagbarak hickory
仏名 Caryer ovale,
Carya blanc,
Noyer blanc,
Noyer tender
独名 Schuppenronden-Hickorynuss
伊名 Noce bianco d'america,Noce Americano,Noce peca 撮影者:東京都 中村利治様↑
下5図撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:小石川植物園


 
西名 Nogel de corteza escamosa
葡名 Hicória
漢名 粗皮山核桃
植物分類 クルミ科ペカン属
園芸分類 落葉高木
用途 食用(果実)/用材(スキー板・野球のバット・ゴルフのシャフト・ドラムスティック・家具)/燻製用チップ材
原産地 アメリカ・カナダ
花言葉
解説 アラハダヒッコリーは、クルミ科の落葉高木である。樹高は27前後程度にも達すると言う。非常に長命の樹木で、原産地には樹齢200年に以上のものも珍しくないという。本種は名前にも見られるように、老木になると樹皮が剥離状態になることである。樹皮の色は明灰色。5枚の小葉で構成された羽状複葉である。小葉は広楕円形で、縁には鋸歯があり、先端は鋭頭となる。若枝は細く、軟毛が見られるが、生長すると消える。花は花弁を持たない雌雄異花である。雄花は尾状花序を構成し、枝先の葉腋から下垂する。雌花はとても小さく枝先に2~5個つく。核果は径5~6㎝程度の扁球形で、中の核は食べられる。本種は、秋には紅葉を見せる。
履歴 我が国へは大正時代に渡来したが、普及を見なかった。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考