←トップ頁へ

和名 アオハダ
漢字表記 青膚
別名・異名
古名
語源 和名は、樹の内皮が緑色を呈することに由来しているという。/属名は、セイヨウヒイラギの古名から。/種小名は「長柄の、太軸の」の意。
学名 Ilex macropoda Miq.
英名 macropoda holly
仏名 十和田湖畔にて
独名
伊名
西名 上2葉の写真撮影:GKZ
葡名
漢名 大柄冬靑
植物分類 モチノキ科モチノキ属
園芸分類 落葉高木
用途 食用(若葉)/用材(細工物・薪炭)
原産地 日本/朝鮮半島南部/中国中部 撮影者:新潟県 塩野計司様↓
花言葉
解説 アオハダは、モチノキ科の落葉高木である。樹高は15m前後に。枝には長枝と短枝があり、葉は長枝で互生し、短枝では束生する。葉は広卵型で、下面は光沢を見せる。5~6月頃に、小花を雌雄異株につける。花色は綠白色。果実は楕円状球形。
履歴
県花・国花 撮影地:新潟県・三ノ峠山
古典1
古典2 『本草綱目啓蒙』
季語
備考