←トップ頁へ

和名 アオバナアオキ
撮影者:千葉県 三浦久美子様
漢字表記 青花青木
別名・異名
古名
語源 和名は、アオキの花は子褐色になるが、本種の場合緑色となることによる。/属名は、別名の「アオキバ」に因んで命名されている。/種小名は「日本の」の意。/品種名は「緑花の」の意。
学名 Aucuba japonica f. viridiflora
英名
仏名
独名 撮影地:千葉県市原市
伊名
西名
葡名
漢名 東瀛珊瑚
植物分類 ガリア科(←ミズキ科)アオキ属
園芸分類 常緑低木
用途 庭木/薬用(葉)/食用(葉)/用材(樹皮)
漢方・民間薬 葉:火傷・擦り傷・切り傷・痔・便秘・利尿
原産地 日本(福島県以南)
花言葉 若く美しく
解説 アオバナアオキは、ガリア科(←ミズキ科)の常緑低木である。本種は、学名から理解できるように、アオキの緑花品種である。樹高は2~3m程度。葉は、長さ10~15㎝程度の長楕円形で、葉には光沢がある。3~5月に緑色の4弁花を見せるが、小さくて観賞の対象にはされない。果実は秋から春にかけて赤く熟す。実の径1㎝程度の長楕円形。雌雄異株。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語 冬(青木の実)  
備考