←トップ頁へ

和名jp アンズ
↑撮影:GKZ/拙庭にて↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:木場緑化植物園↑
漢字表記
別名・異名
other name
カラモモ(唐桃)
アプリコット
古名
old name
語源
etymology
和名は、漢名「杏子」の唐音読みから。
属名は「アルメニアの」の意。
種小名は「普通の、通常の」の意。
学名sn Armenica vulgaris
(=Prunus armeniaca)
英名en apricot
仏名fr abricot
独名de Aprikose
伊名it albicocca
西名es albaricoque
葡名pt alperche
漢名ch
植物分類 バラ科アンズ属
園芸分類 落葉小高木
用途use 食用(ジャム・プリザーブ・缶詰・ドライフルーツ)/薬用/庭木
原産地
distribution
中国
花言葉 疑惑/乙女のはにかみ
解説
description
中国原産のアンズは、ヨーロッパ系と東アジア系とに大別される。我が国のものは東アジア系である。我が国のアンズは花が白か淡紅色で、葉が開く前に開花する。果実は成熟すると果色・果肉色が橙黄色となる。核離れがよく、生食できる。味は甘味が少なく、酸味が強い。香りは少ない。 
履歴 紀元前1世紀頃には中央アジアへ、1世紀頃にはギリシャやイタリアに渡っている。わが国への渡来時期はかなり古く不詳。『万葉集』や平安時代の『本草和名』ではともにカラモモと記されている。 
県花・国花 民主カンボジアの国花  
古典1 『万葉集』、『宇津保物語』  
古典2 『延喜式』、『本草和名』、『和名聚鈔』、『大和本草』、『和漢三歳図会』 
季語 花(春)/実(夏)  
備考  
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
13 12 「楽観主義(オプティミズム)」
13 86 「再会」
14 150 「植木鉢」
15 175 「半夏生」
16 196 「乗り越し」
17 43 「平壌冷麺」