←トップ頁へ

和名 アニシード・ボローニア
漢字表記
別名・異名 ボローニア・クレヌラータ
古名
語源 和名は英名の音読みから。/属名は、イタリアの植物採集家Francis Boroneの名に因んでいる。/種小名は「細円鋸歯状の」の意。
学名 Boronia crenulata
英名 Aniseed boronia
仏名   
独名 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
伊名  撮影地:オーストラリア・パース
西名 キングス・パーク
葡名
漢名
植物分類 ミカン科ボローニア属
園芸分類 常緑小低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 オーストラリア西部
花言葉 心が和む、印象的
解説 アニシード・ボローニアは、ミカン科の常緑樹である。樹高は原産地では、最大で1m前後程度まで。葉は幾分厚味のある楕円形~狭楕円形で、縁部には細かな円鋸歯があり、先端部は鈍頭で、枝に対生する。葉には独特の強い芳香がある。アニスの実の香りにも似た芳香のため、原産地ではAniseed boroniaと呼ばれている。本種はほぼ通年開花(最盛期は1~3月頃)し、枝先の葉腋から短い花柄を伸ばし、その先に径2㎝程度で桃紫色の花をつける。開花後の花持ちは長い。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2  
季語
備考