←トップ頁へ

和名 アメリカニワトコ
漢字表記 亜米利加接骨木
別名・異名 カナダニワトコ(加奈陀接骨木)
古名
語源 和名は、英名American elderの直訳から。/因みにのエルダー(Elder)とは、アングロ・サクソン語のOeld(=炎)を語源としており、枝の芯を抜き取って、火起こしに用いられたことによるいう。/属名はギリシャ語のsambuce(=古代楽器名)からで、茎がたくさん林立する様子が似ていることからと言う。/種小名は「カナダ産の」の意。
撮影者:千葉県三浦久美子様      
撮影地:東京都薬用植物園
学名 Sambucus canadensis(=Sambcus nigra subsp. canadensis)
英名 American black elderberry
American elder
Black lace elderberry
仏名 Sureau du Canada
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 レンブクソウ科(←スイカズラ科)ニワトコ属
園芸分類 落葉低木
用途 庭園樹/食用(果実)/ハーブ(花・葉)/薬用(葉・枝・根)/酒精
原産地 アメリカ~カナダ
花言葉 哀れみ・嫉妬深さ
解説 アメリカニワトコはレンブクソウ科(←スイカズラ科)の落葉樹である。樹高は3~6m程度となる。茎は多数叢出し株立ち状となる。葉は奇数羽状複葉で枝に対生する。小葉は長さ10㎝、幅5㎝程度の長楕円形~広楕円形で、縁部には細鋸歯を持ち、先端部は尖る。4~5月頃、枝先に散形花序を出し、淡黄白色の小花を多数開く。花には芳香がある。果実は、秋に黒熟する。(因みに、我が国に自生の見られるニワトコの場合、果実は夏に赤熟する。)
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考