←トップ頁へ

和名 アメリカアサガラ
漢字表記 亜米利加麻殻
別名・異名
古名
語源 和名はアメリカ産のアサガラの意から。因みに、アサガラとは木の質が脆く、麻殻のように折れやすいからの命名とか。/属名はイギリスの自然科学者Stephen Halesへの献名/種小名は「アメリカ:カロライナ州の」の意。
学名 Halesia carolina
英名 Carolina silverbell, Snowdrop Tree
仏名 Arbre aux cloches d'argent
独名 Carolina-Schneeglöckchenbaum
伊名 撮影者:東京都 中村利治様
西名 撮影地:小石川植物園
葡名
漢名 卡羅來納銀鈴
植物分類 エゴノキ科ヘイルジア属
園芸分類 落葉小高木
用途 路地植え
原産地 アメリカ東部
花言葉
解説 アメリカアサガラは、エゴノキ科の落葉樹である。樹高は4~9m程度。葉は卵形で枝に互生する。4~5月頃、枝先に散形花序を出し、我が国に自生の見られるエゴノキにも似た白色で釣鐘形の花を下垂する。花弁より長く雌蕊が突き出しているのが特徴的である。6~7月頃ゴレンシの実にも似た緑色の実を見せるが、やがて、茶色に熟す。
履歴 日本には明治中期に渡来している。  
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考