←トップ頁へ

和名jp アメイシャ
↑撮影者:千葉県 三浦久美子様↓ 

撮影者:東京都 山口米子様↓

撮影地:宮古島「まいぱり」(熱帯果樹園)↑

↑撮影:GKZ/沖縄ワールド熱帯果樹園↓
漢字表記
別名・異名
other name
古名
old name
撮影地:富山中央植物園
語源
etymology
和名、ブラジル語による本種に対する呼び名であるAmeixaに由来している。因みに、ポルトガル語でAmeixaとは「スモモ」の意である。
属名はアラビヤ語でコーヒーの意で、本種の実がコーヒーの実に似ていることからと言う。
種小名は「アンズ色の」の意。
学名sn Bunchosia armeniaca
英名en Monk's plum
Peanut butter tree
Peruvian plume
仏名fr Bunchosie abricot,
Bunchosie des Andes
Cerise des Antilles
独名de Erdnußbutterfrucht
伊名it Bunchosia armeniaca
西名es Chico mamey
Ciruela de fraile
Ciruela silvestre
Cirela varda
葡名pt Ameixa-brava
Ameixa-do-Peru
Caferana
Cafezinho
Ciruela
Falso guaraná
漢名ch 文雀西亞木
植物分類 キントラノオ科ブンコシア属
園芸分類 常緑低木
用途use 食用(果実)
原産地distribution 南米
花言葉
解説
description
アメイシャは、キントラノオ科の常緑樹である。葉は卵状長楕円形で対生する。果実は橙赤色に熟す。果実は、人間の親指より「やや大きい程度である。花は、黄色い小花を総状花序に見せる。果肉は柔らかく、果汁分は少なく、甘味も少ない。
履歴 我が国への渡来時期は不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考