←トップ頁へ

和名 アマヤドリ
撮影者:東京都 山口米子様

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓
漢字表記 雨宿
別名・異名
古名
語源 和名は本種の場合枝が横に広がりを見せ傘状の樹形となることから。
属名は、ラテン語のcerasus(=桜樹)から。
種小名は、「園芸家ラネスの」の意。
学名 Cerasus lannensiana ’Amayadori’(=Prunus lannensiana 'Amayadori')
英名
仏名
独名
伊名 撮影地(全3図):小石川植物園
西名
葡名
漢名
植物分類 バラ科サクラ属
園芸分類 落葉小高木
用途 庭園樹/公園樹
原産地 日本
花言葉 優美、永遠の愛
解説 アマヤドリは、バラ科の落葉樹である。樹高は5~10m程度。語源の項と重複するが、本種の場合、枝が横に広がり、樹形が傘状となる。葉は、長さ8~15㎝、幅5~7㎝程度の楕円形~長楕円形で、縁部の鋸歯は単鋸歯と重鋸歯が入り混じり、先端部は尾状に長く伸びて、枝に互生する。4月中旬頃、散房状に2~4個の花を下垂する。萼筒は1㎝程度の長鐘形。花弁は10~15個、白色で、花径は5㎝程度となる。
履歴 本種はもと東京の荒川堤で栽培されていた品種と言うことである。
県花・国花
古名1
古典2
季語
備考