←トップ頁へ

和名 アマノガワ  撮影者:千葉県 三浦久美子様
撮影地:大船植物園
 
漢字表記 天の川
別名・異名
古名
語源 和名の語源不詳。
属名は、ラテン語のcerasus(=桜樹)から。
種小名は、「園芸家ラネスの」の意。
学名 Cerasus lannensiana ’Amanogawa’(=Prunus lannensiana 'Amanogawa')
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 バラ科サクラ属
園芸分類 落葉小高木
用途 庭園樹/公園樹
原産地 日本
花言葉 優美、永遠の愛
解説 アマノガワは、バラ科の落葉樹である。樹高は5~10m程度。本種の場合、枝が横に広がらず、真っ直ぐ上方向に伸び、樹形は箒状と化す。桜の仲間では珍しい樹形を見せる。加えて、本種の場合、花も上向きに開花する。花は、淡紅色で芳香がある。本種の葉柄は長目で3~4㎝程度となる。葉は、長さ8~15㎝、幅4~7㎝程度の長楕円形で、縁部は殆ど重鋸歯であるが、単鋸歯も幾分混じり、先端部は尾状に尖り、枝に互生する。4月中旬~下旬頃、枝先の葉腋に散房状に3~4花をつける。花序は上にも述べたが直立し、花は上向きに開花する。花は、径4㎝程度の八重咲きである。花弁数は11~20個である。
履歴 本種はもと東京の荒川堤で栽培されていた品種と言うことである。
県花・国花
古名1
古典2
季語
備考