←トップ頁へ

和名 アマミコウスイボク
漢字表記 甘味香水木
別名・異名 スィートハーブ・メキシカン/リッピア・ドゥルキス
古名
語源 和名は、英名の音読みから。/別名は、英名・旧学名の音読みから。/属名は、ラテン語のphyle又はphylon(=種族)の複数形からで、一つの包葉内に多くの花が集まることからと云う。/種小名は「甘い、甘味のある。」の意。/別名のLippiaとは旧属名からで、フランスの植物学者であったAugutin Lippiの名に因んでいる。
学名 Phyla dulcis(=Lippia dulcis)
英名 Sweet herb mexican,
Aztec sweete herb
仏名 Suce de Aztèques
独名
伊名
西名 Hierba dulce Azteca,
Nuestra stevia Mexicana
葡名
漢名 甜舌草
植物分類 クマツヅラ科イワダレソウ属
園芸分類 半落葉性低木 栃木県:足利フラワーパークにて
用途 鉢植え(ハンギング・ポット)/路地植え(グランドカヴァー)/薬用/ハーブティー(マテ茶の甘味剤:葉)
原産地 メキシコ~中央アメリカ
花言葉
解説 スイートハーブ・メキシカンはクマツヅラ科の落葉性低木である。茎葉地上を這い、閣節から根を出して広がる。葉は長さ5㎝程度の倒卵形で、縁には鋸歯を持ち、先端は鋭頭で茎に対生する。葉には長さ1.5㎝程度の葉柄がある。7~8月頃、葉腋から長さ5㎝程度の花柄の先に短い穂状花序を出し、白色の小花をつける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考