←トップ頁へ

和名 アマミカジカエデ
撮影者:千葉県 三浦久美子様↑
撮影者:東京都 山口米子様↓

撮影地:筑波実験植物園
漢字表記 奄美梶楓
別名・異名
古名
語源 和名は奄美大島産のカジカエデの意。
属名は「裂ける」の意のラテン名から。
種小名は「奄美大島産の」の意。
学名 Acer amamiense
英名
仏名 撮影地:筑波実験植物園
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ムクロジ科(←カエデ科)カエデ属
園芸分類 落葉小高木
用途
原産地 日本(奄美大島):固有種
花言葉
解説 アマミカジカエデは、ムクロジ科(←カエデ科)の落葉小高木である。樹高は4m程度に。葉は長い葉柄を持った掌状で5裂し、縁部には粗い鋸歯があり、枝に対生する。葉質は紙質で、無毛である。本種は名前の通り、カジカエデに似ているが、葉裏や葉柄が無毛である点で区別されている。更に、果実にも長い剛毛が無い点も特徴とされている。4~5月頃、暗紅色の花をつけ、花後には翼果を下垂する。秋には、葉色が赤く紅葉を見せる。
履歴 本種は平成11年(1999)に新品種として発表された奄美大島の固有種である。
環境省RDB:絶滅危惧ⅠA類(CR)登録種
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考