←トップ頁へ

和名jp アマミヒイラギモチ
↑撮影者:東京都 山口米子様↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:筑波実験植物園↑

 撮影地:京都府立植物園↑      
漢字表記 奄美柊黐
別名・異名
other name
ヒメヒイラギ(姫柊)
古名old name
語源
etymology
和名は、奄美大島産のヒイラギモチの意から。
属名は、セイヨウヒイラギの古名から。
種小名は「2型葉の」の意。
学名sn Ilex dimorphophylla
英名en macropoda holly
仏名fr
独名de
伊名it
西名es 撮影地:新宿御苑(温室)
葡名pt
漢名kch 大柄冬靑
植物分類 モチノキ科モチノキ属
園芸分類 常緑低木
用途use
原産地
distribution
奄美大島:固有種
花言葉
解説
description
アマミヒイラギモチはモチノキ科の常緑樹である。樹高は2~5m程度。葉は、ヒイラギ等と同様の所謂「2型葉」であり、2種類の葉形を見せる。若木の内は、葉の縁部に刺状突起を持ち、やがて、成木になると葉の突起は消えて楕円状となる。全ての葉が丸味を帯びてくるまでは、1本の樹木で2種類の葉が見られる事になる。葉は、長さ2~3㎝程度で、枝に互生する。葉には、幾分厚味があり、表面には光沢がある。5月頃、葉腋に緑白色の小花をつける。雌雄異株。花後には核果をつけ赤熟する。 
履歴 環境省RDB:絶滅危惧ⅠA類(CR)
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考