和名 アコン
 撮影者:東京都 中村利治様↑
 撮影者:大阪府 藤井 勝様↓
↑大阪府:咲くやこの花館にて↓
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓
漢字表記
別名・異名 カロトロピス・ギガンティア/クラウン・フラワー/ラック(タイ語名)
古名 バンコク・クイーンシリキット公園にて
語源 和名の語源については不詳。(バングラデシュでは、この根をAkond mulと言って薬用にしているというが、関係があるのだろうか?)/属名は、ギリシャ語のKalos(=美しい)とtropis(=竜骨)の合成語から。/種小名は「巨大な」の意。
学名 Calotropis gigantea Dryand.
英名 Crown flower/Giant milkweed
仏名
独名 Kronenblume
伊名
西名 Algodón de seda
葡名
漢名 牛角瓜
泰名  รัก
植物分類 キョウチクトウ科(←ガガイモ科)カロトロピス属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え/薬用/レイ
原産地 インド~インドネシア
花言葉
解説 アコンは、キョウチクトウ科(←ガガイモ科)の常緑低木である。樹高は3m前後。葉は幾分肉厚でヘラ型、全縁。花期は原産地では周年と言うことである。茎頂に、白色又は淡紫色の5弁の花を見せる。花形が王冠のような形状をしているために、英名ではクラウン・フラワーと言う。葉や茎を傷つけると白色の乳液を出す。この乳液は、毒性を持ち触れるとかぶれる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
   
   
   
   
   
   
   
   

←トップ頁へ