←トップ頁へ

和名 アケボノスギ
撮影GKZ/館林市:県立つつじが岡公園



撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

漢字表記 曙杉
別名・異名 メタセコイア
古名
語源 和名のアケボノスギについては不詳。木村陽二郎氏によって命名されている。(英名からの直訳なのか、或いは、英名が、和名からの直訳なのか、いずれかと推測される。)/属名のメタセコイアとは三木茂氏によって命名されている。三木氏は、1941年に、アメリカ産のセコイア属と似ているが落葉性で葉と果片が対生する点が異なる化石を発見し「セコイア(
Sequoia)」の「後の(meta)」の意で、メタセコイア(Metasequoia)と命名している。
学名 Metasequoia glyptostroboides
英名 Dawn Redwood
仏名 Séquoïa de Chine
独名 Urweltmammutbaum,
Chinesisches Rotholz
伊名 Metasequoia
西名 Metasecuoya,
Metasecoya
葡名 Metasequoia
漢名 水杉
植物分類 ヒノキ科アケボノスギ属
園芸分類 落葉高木 
用途 公園樹、庭園樹/材がとても軟らかいので、用材としてはあまり価値を認められていない。
原産地 中国(四川省・湖北省)
花言葉
解説 メタセコイアは、ヒノキ科の落葉樹である。樹高は35mにも達する。成長が早く、よく分枝し、小枝は葉をつけたまま落ちる。葉は線形で、水平に2列に対生する。自然に広円錐形に仕上がる樹木である。
履歴 語源の項で述べたが、三木茂博士によって化石の存在が1941年に発表され、1945年に中国で現生するメタセコイアが発見され「生きた化石」と言われた。/我が国へは、アメリカで育てられた苗が1949年に昭和天皇に献上されている。その翌年、100本の苗が全国に配布され、その挿し木によって増殖が図られ、今日の普及に至っている。
県花・国花 東京都:杉並区木
古典1
古典2
季語
備考
 撮影:GKZ/館林市県立つつじが岡公園↓   撮影者:千葉県 三浦久美子様/千葉市にて↓