←トップ頁へ

和名 アカミノイヌツゲ
漢字表記 赤実犬黄楊
別名・異名 ミヤマクロソヨゴ/アカツゲ
古名
語源 和名は、文字通り赤い実をつけるイヌツゲの意から。/属名は、セイヨウヒイラギの古名から。/種小名は、名古屋の本草学者水谷豊文は助六の名を持ったが、その助六が訛ったもの。
学名 Ilex sugerokii var. brevipedunculata
英名
仏名 撮影者:新潟県 塩野計司様
独名 撮影地:新潟県・粟ガ岳
伊名
西名 東京大学付属日光植物園にて(撮影:GKZ↓)
葡名   
漢名 太平山冬青
植物分類 モチノキ科モチノキ属
園芸分類 常緑低木
用途 庭木
原産地 日本(中部以北の日本海側)/サハリン
花言葉
解説 アカミノイヌツゲは、モチノキ科の常緑樹である。樹高は3m前後程度。葉は、短い葉柄を持つ長楕円形で、互生する。葉長は2~3㎝程度。葉は革質で、光沢を見せる。7月頃イヌツゲに似た4~5弁の小花を見せる。花弁の長さは2㎜前後。果実は径7㎜前後の球形で、赤熟する。雌雄異株。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
成句・熟語
季語
備考