←トップ頁へ

検索名  アカメヤナギ(赤芽柳)  
↑栃木県:足利フラワーパークにて↓

写真(上・中)撮影:GKZ↑

↑撮影者:群馬県 関根沙織様↓

群馬県館林市にて
和名jp マルバヤナギ
漢字表記 丸葉柳
別名・異名
other name
アカメヤナギ
古名old name
語源
etymology
和名は、葉が楕円形で、幅が広いことから。また、別名のアカメヤナギは、初夏の頃に若葉が美しい紅色になることから。
属名は、ケルト語のsal(=近い)とlis(=水)に由来するラテン古名。この属の植物が水辺に多く見られることから。
種小名は「ボケ属に似た」の意。
学名sn Salix chaenomeloides
英名en Japanese Pussy Willow
Giant Pussywillow
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 腺柳
植物分類 ヤナギ科ヤナギ属
園芸分類 落葉高木
用途use 路地植え(湿地)
原産地
distribution
(本州中部以南)/朝鮮半島/中国中部
花言葉 強い忍耐
解説
description
マルバヤナギは、ヤナギ科の落葉高木である。大木になると樹高20mを超えるという。水辺に自生が見られる。枝は比較的横に広がりを見せる。我が国のヤナギ属の中で雄蘂が四本以上あるのは本種だけである。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『本草綱目啓蒙』
季語
備考