←トップ頁へ

検索名  アカメソロ  
和名 アカシデ  上3図撮影:GKZ

↑撮影地:群馬県緑化センター
撮影地:日光市・竜王峡↓
漢字表記 赤四手
別名・異名 アカソネ/アカメソロ
古名 国営武蔵丘陵公営公園→
語源 和名に見られるシデとは、注連縄などに等に垂らす飾りのことで、和名は、この木の花の垂れ下がった様子による。/属名は、ケルト語で、car(=樹)とpen(=くびき)の合成語で、材を牛の軛に用いたことから。/種小名は「疎らな花の」の意。
学名 Carpinus laxiflora
英名 Japanese loose-flowered Hornbeam
Carpinus fargesii.
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 鎌苞鵝耳櫪
植物分類 カバノキ科クマシデ属
園芸分類 落葉高木
用途 用材(櫛・器具の柄)/椎茸栽培の榾木
原産地 日本/朝鮮半島/中国
花言葉
解説 アカシデは、カバノキ科の落葉高木である。樹高は15m程にも。葉は互生して二列に並ぶ。若葉は紅色を帯びる。5月頃新葉とともに開花する。雄花は前年の枝に、雌花は若枝にと別々に着く。盆栽界では本種をアカメソロと称して雑木盆栽の代表的素材として扱われている。
履歴
県花・国花 栃木県:国分寺町木(アカソネ)
古典1
古典2 『本草綱目啓蒙』
季語
備考
  下図撮影者:千葉県 三浦久美子様/撮影地:千葉市・昭和の森公園