←トップ頁へ

和名 アカガシワ  ↑撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

   撮影者:多摩NTの住人様↓

 撮影地:東京都 八王子市




漢字表記 赤槲
別名・異名 アカナラ(赤楢)、
レッド・オーク、
アメリカン・オーク、
ノーザン・レッドオーク
古名  撮影地:筑波実験植物園→
語源 和名は、英名の直訳から。
属名はケルト語のquer(=良質の)とcuez(=材木)による合成語。
種小名は「赤色の」の意。
学名 Quercus rubra
英名 Northern red oak,
Champion oak
仏名 Chêne rouge d'Amerique
独名 Roteiche,
Amerikanische Spitzeiche
伊名 Quercia rossa
西名 Roble rojo americano,
Robreal rojo americano,
Roble del Norte
葡名 Carvalho americano
漢名 栓皮櫟楊梅
北方紅橡木
植物分類 ブナ科コナラ属
園芸分類 落葉高木
用途 用材(床板・家具・船材・ろくろ細工・農機具・棺)/公園樹/街路樹
原産地  北米東部 
花言葉
解説 アカガシワは、ブナ科の落葉樹である。幹は直立し、樹高は20~45mにも及ぶ。。樹皮は、灰色で平滑、成木になると縦に裂ける。葉は長さ20㎝程度の長楕円状~倒卵形であるが3~9深裂し、各裂片は3角状卵形~卵状長楕円形となる。葉の表面には「光沢があり、枝に互生する。5~6月頃、葉腋に花序を出す。雄花序は5~8㎝程度の黄緑色の尾状で下垂する。雌花序は赤色で腋生する。果実は、花後2年目に成熟する。果実は長さ2.5㎝程度の広卵形で穀斗は比較的浅い。
履歴 我が国へは明治中頃に渡来しており、我が国全土で植栽が可能な樹種でもあり、秋には葉色が黄色~赤色へと見事な紅葉を見せることから、各地で公園樹や街路樹として用いられている。北海道庁から北大植物園にかけての本種の並木道は樹齢100年を越えている。
県花・国花
古典1             
古典2
季語
備考