←トップ頁へ

和名 アカバナヒョウタンボク
漢字表記 赤花瓢箪木
別名・異名
古名
語源 和名は、ヒョウタンボクは白花であるが、本種は赤花の為。因みに、ヒョウタンボクとは、実が二つずつつ接してつきヒョウタン型にも見えることから。/属名は、ドイツの16世紀の数学者でもあり、採集家でもあったA.ロニツアーの名に因んでいる。/種小名は「中央アジアのタタール地方の」の意。
学名 Lonicera tatarica  
英名 Tartarian honeysuckle
仏名 Chèvrefuille de tartarie
独名 Tataren-Heckenkirsche
伊名 Lonicera tatarica
西名 Madreselva tatarian
葡名 とちぎ花センターにて
漢名 新疆忍冬
植物分類 スイカズラ科スイカズラ属
園芸分類 落葉低木
用途 庭木・生け垣・盆栽
原産地 日本~中央アジア
花言葉
解説 アカバナヒョウタンボクは、スイカズラ科の落葉低木である。樹高は2~3m前後程度に。枝は細かく分枝し、枝の随は中空である。葉は長さ2~5㎝程度の卵状楕円形で対生し、両端は尖る。葉の両面には軟毛が密生する。5~7月頃に葉腋から短柄を出し、径1.5㎝程度の花を2個つける。花冠は放射状に5裂する。花色は濃桃紫色。花後には径6~8㎜程度の液果が赤熟する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 有毒植物(液果)