←トップ頁へ

和名 アデナントス・バルビゲル 撮影者:愛媛県 日原由紀子様   
漢字表記
別名・異名 アデナンソス・バルビゲル
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のaden (腺の) と anthos (花) の合成語から。/種小名は「髭状の」の意。
学名 Adenanthos barbiger
英名 Hairy jugflower,
Hairy glandflower
仏名
独名
伊名 撮影地:西オーストラリア州
西名   スターリングレンジ国立公園
葡名
漢名
植物分類  ヤマモガシ科アデノントス属 
園芸分類  常緑低木 
用途 露樹植え/鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 アデナントス・バルビゲルはヤマモガシ科の常緑樹である。本種は、西オーストラリア州の州都パース並びに近郊のフリーマントル辺のインド洋に面した沿海地の砂壌地に自生の見られる灌木である。樹高は1m前後程度となる。茎は、株元から叢出する。若枝は白色の細毛に覆われているが、成長と共に消える。葉は長さ8㎝、幅7㎜程度の狭楕円形で、葉柄は持たず枝に互生する。原産地のオーストラリアでは8~12月頃、葉腋から長さ2.5㎝程度の筒状花を穂状につける。花冠は2裂し、中から蕊が長く突き出る。花筒の外側は絹糸状の細毛で覆われている。花色は明るい赤色である。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考