←トップ頁へ

和名 アブラチャン 日光植物園にて/撮影:GKZ↑

撮影:GKZ:群馬県立緑化センター↓

下3図撮影者:千葉県 三浦久美子様
 
↑撮影地:皇居東御苑↓

漢字表記 油瀝青
別名・異名
古名
語源 和名に見られるチャンは、「瀝青(天然のピッチ)」を意味し、種子から油が採れ、幹や枝がよく燃えることから。また、別には、幹・種子・枝に油を多く含むためアブラジシャといい、その転訛でアブラチャンとなったとも。/属名は、Para(=異なった)とBenzoin(かつてアオモジ等が属していた属名)の合成語で、「Benzoin属と似ているが異なる」の意。/種小名は「早熟の、早咲きの」の意。
学名 Lindera praecox(=Parabenzoin praecox)
英名 撮影者:東京都 中村利治様→
仏名 撮影地:小石川植物園にて→
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 クスノキ科クロモジ属
園芸分類 落葉低木
用途 採油/用材(器具・薪材)/整髪油
原産地 日本(本州・四国・九州)
花言葉
解説 アブラチャンは、クスノキ科の落葉低木である。樹高は4m前後。比較的谷間を好んで自生する。幹からは蘖が生じやすく、叢生する。葉は互生する。葉の両面とも無毛である。3~4月頃、葉に先立って径3~4㎜程度の緑黄色の花を見せる。雌雄異株。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『本草綱目啓蒙』
季語
備考
   
   
   
   撮影地:小石川植物園→