←トップ頁へ

和名 アベマキ
↑撮影:GKZ/群馬緑化センター↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

↑撮影地:小石川植物園↓

撮影地:日比谷公園↓

撮影地:筑波実験植物園↓

撮影地:新宿御苑↓
漢字表記 阿部槇
別名・異名
語源 和名に見られるアベとは岡山県地方の方言で、「あばた」のことであるという。樹皮がごつごつしていることから。
属名はケルト語のquer(=良質の)とcuez(=材木)を意味するラテン古名。
種小名は「種々の、多型の」の意。
学名 Quercus variabilis Blume.
英名 Chinese cork oak
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 栓皮櫟
植物分類 ブナ科コナラ属
園芸分類 落葉高木
用途 用材(コルク代用・器具・薪材)/椎茸栽培用榾木/染料(樹皮)
原産地 日本(本州・四国・九州)/朝鮮半島/台湾/中国
花言葉
解説 アベマキは、ブナ科の落葉高木である。樹高は20m前後にも。樹皮は灰色で、10㎝前後のコルク層を持ち、深い縦の割れ目が見られる。葉は長楕円形で、先は尖り、縁には鋭い鋸歯がある。5~6月頃に、黄褐色の尾状花穂を見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『本草綱目啓蒙』
季語
備考