←トップ頁へ

検索名 アフェランドラ・ランケオラータ
和名
漢字表記
別名・異名 アフェランドラ・ランケオラータ
古名
語源 和名(※)があるのか否か不詳。/属名はギリシャ語の「単生」と「雄」の合成語で、葯が1室であることから。/種小名は「披針形の」の意。
学名 Aphelandra lanceolata
英名
仏名
独名 とちぎ花センターにて
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 キツネノマゴ科アフェランドラ属
園芸分類 常緑小低木
用途 鉢植え(観葉植物)
原産地 中央アメリカ
花言葉
解説 アフェランドラ・ランケオラータは、キツネノマゴ科の常緑樹である。樹高は1m前後程度に。我が国の園芸界にも流通しているアフェランドラ・シンクレリアナ(Aphelandra sinclairiana)種に葉姿並びに花姿は良く似ている。灌木状で、茎は直立し、上部で分枝をし、横に広がりを見せ、ヴォリューム感のある観葉植物となる。葉は学名に示されているように大形の披針形で、全縁、鋭頭である。葉には、主脈並びに支脈部分に太く明瞭な白斑模様が走り、見応えがある。12~2月頃、茎頂に花穂を立て、真っ赤な苞から紅紫色の唇花を突き出す。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考