←トップ頁へ

和名 アラメ
漢字表記 荒布
別名・異名 マナカシ(滑海藻)、カジメ(搗布)、コクサイ(黒菜)
古名  アラメ(阿良米・阿羅女) 
語源 和名は、ニギメ(和布)に対して本種はしわが荒いことから。/属名の語源は人名(Eisen博士:詳細不詳)に因んでいる。/種小名は「二環の」の意で、茎が二股になることから。
学名 Eisenia bicyclis
英名 Sea oak,
Arame
仏名 Aramé
独名
伊名 Arame
西名 撮影地:房総白浜
葡名
漢名 荒布
植物分類 コンブ科アラメ属
園芸分類 海藻類
用途 食用、肥料、薬用(採ヨード・採アルギン酸)、アワビ・サザエの飼料
原産地 日本(本州・四国・九州)・朝鮮半島
花言葉     撮影者:東京都 山口米子様
解説 アラメはコンブ科の大形海藻である。本種は、根・茎・葉の区別が明瞭となっている。茎は、水深にもよるが、2m程度にまで及ぶ。二叉状に分枝をした茎の上部から、多数の葉を出す。葉は黒褐色で、羽状に分岐し、両面に皺がある。
履歴  
県花・国花
古典1 『土佐日記』、『平家物語』、『近松浄瑠璃集』
古典2 『令義解』、『延喜式』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『本朝食鑑』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』
季語
備考