←トップ頁へ

和名 アオコ
漢字表記 青粉
別名・異名 ランソウ(藍藻)/シアノバクテリア
語源 池や沼などに繁殖してまるで緑色の粉を撒いたかのようにみえることから。
古名
学名 Microcystis sp.
Anabaena sp.
英名 Water-bloom
仏名 Microcystis 群馬県館林市:城沼にて
独名 Wasserblüte
伊名
西名 Microcystinas
葡名
漢名 対銅緑微嚢藻
植物分類 藍藻類
園芸分類 淡水緑藻類
用途
原産地
花言葉
解説 アオコとは池や沼、養魚場等に発生し、水を青緑色に変化させてしまう微小な藻類の総称である。その正体は、学名の項に記したミクロキスティス属やアナベナ属等に含まれる微少な藍藻類である。特に代表格はMicrocystis aeruginosa(ミクロスティキス・エルギオーサ)である。概してアオコは冨栄養名水質を好み、発生は、晩春から初夏にかけて大量に発生することがある。呼吸困難から魚介類の大量死を招いたり水質悪化等をもたらす。因みに、ミドリムシや浮き草による水面色の変化とは要因が異なる。
履歴  
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考