←トップ頁へ

和名 ヤナギマツタケ
漢字表記 柳松茸
別名・異名
古名
語源 和名は、柳の木に生え、マツタケのように美味しいキノコの意という。元来は奈良県での昔からの本種に対する呼び名であったという。因みに、本種は、マツタケとは別属のキノコである。/属名は、ギリシャ語のagros(=耕地)とcucullus(=帽子or傘)の合成語から。/種小名は「円筒形の」の意。
学名  Agrocybe cylindracea  撮影者:中村利治様 
英名 Dark fieldcap,Polar mushuroom,
Velvet pioppini,Poplar fieldcap mushroom
仏名 Pholiote du peuplier
独名 Südlicher Ackerling
伊名 Pioppino,Piopparello
西名 Seta de chopo
葡名 Agrocibe
漢名 柱状田頭茶樹菇
植物分類 オキナタケ科フミヅキタケ属
園芸分類 担子菌類
用途 食用・薬用
原産地 日本/ユーラシア大陸
花言葉 撮影地:筑波実験植物園 
解説 ヤナギマツタケはオキナタケ科のキノコである。概して初夏に広葉樹の枯れ木や生木の樹幹等に発生する。名前の通り、ヤナギの木にも発生する。従って、都会でも珍しくないキノコである。ヨーロッパ諸国ではポプラの木に発生することで知られている。傘は饅頭型からやがて平開する。傘径は5~15㎝程度。表面は黄土褐色~灰褐色で、周辺部は淡色となる。ひょ面は平滑であるが、浅い皺が覆う。柄は根元が太く中実である。柄の長さは3~15㎝程度で、上部に膜質のつばがある。ひだは密で、直生~垂生する。肉は白色で、小麦粉のような独特な匂いを持つ。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考