←トップ頁へ
和名 ヤマブシタケ  栃木県壬生町にて↑     
撮影者:東京都 中村利治様↓
漢字表記 山伏茸
別名・異名 ハリセンボン
ジョウコタケ
シシガシラ
古名  
語源 和名は、山伏が衣の上に着る篠懸衣の胸につける飾りに似ていることから。
属名はラテン語のhericus(=ハリネズミ)に由来している。子実層がハリネズミのようにも見えることから。
種小名は「ノギ状の刺のある、いがになった」の意。
学名 Hericium erinaceum Pers.
英名 Mmonkey's head mushroom, Bbear's head mushroom
,Lion's Mane Mushroom,
Bearded Tooth Mushroom, Hedgehog Mushroom,
Satyr's Beard,
Bearded Hedgehog Mushroom,
pom pom mushroom,
Bearded Tooth Fungus
仏名 l’Hydne hérisson
独名 Igel-Stachelbart
伊名
西名 撮影地:筑波実験植物園→
葡名
漢名 猴頭菌
植物分類 サンゴハリタケ科サンゴハリタケ属
園芸分類 担子菌類
用途 食用
原産地 北半球全般
花言葉
解説 シイ・カシナラ等のブナ科植物の樹幹に生ずるキノコで、色は白色。径は5~20㎝の半球形で、白い針を垂らす特異な形状の茸である。樹幹から下垂状態で生長する。樹幹につく上部は扁球形で、その側面と下面から針を垂らす。針は円柱形で先端は尖り、太さは2~3㎜程度。長さは3~5㎝程度だが、長いものは10㎝にも至るという。キノコの上面には短毛と束毛が密生する。肉は軟らかい肉質で全体がスポンジ状。本種には柄が無い。本種は、サンゴハリタケと似ているが、本種の場合、サンゴ状の分枝から針を垂らす点で区別される。
履歴    
県花・国花
古典
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
14 45 「猴頭」