←トップ頁へ
和名 ツルタケ  
漢字表記 鶴茸
別名・異名
古名 
語源 和名は、一説には、白くて長い柄を鶴の首にたとえたものとか。/属名は地名からで、小アジアのAmanus山脈に産することから命名されたという。/種小名は「袋の」の意。
学名 Amanita vaginata
英名 Grisette 群馬県館林市:彫刻の小径にて
仏名 Amanite vaginée,Amanite à étul,
Amanite engainée,Grisette,
Coucoumelle

 
独名 Grauer Scheidenstreifling
伊名 Falso farinaccio,Bubbola minore
西名 Cucumela,Amanita enfundata
葡名
漢名 暗灰鵞膏菌
植物分類 テングタケ科テングタケ属
園芸分類 担子菌類
用途 食用、ただし生食は中毒を引き起こす。
原産地 北半球温帯以北、アフリカ
花言葉
解説 ツルタケは,テングタケ科のキノコである。夏~秋に、マツ、ブナ、コナラなどの林地に発生する。傘は径3~8㎝、表面は灰色~灰褐色、つぼの破片が付く場合もある。傘の周辺は放射状に溝線が出来る。ひだは白色で柄に離生する。柄は長さ10~20㎝、中空で、表面は白色~淡灰色。つばは無い。根元に膜質で白色の鞘状の壺がある。
履歴
県花・国花
古典1
古典2   
季語
備考