←トップ頁へ

和名 ツノマタタケ  
漢字表記 角又茸  
別名・異名  
古名  
語源 和名は本種の子実体上部が二叉状に分かれていることから。/属名の語源不詳。/種小名は「小さな鋤状の」の意。
学名 Dacryopinax spathularia(=Guepinia spathularia) 
英名 Buddha's delight,
Fan-shaped jelly fungus
           群馬県館林市:彫刻の小径にて
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 桂花耳
植物分類 アカキクラゲ科ツノマタタケ属
園芸分類 膠質菌類
用途 食用可
原産地 日本、朝鮮半島・中国・東南アジア・南北アメリカ大陸・オーストラリア・アフリカ
花言葉  
解説 ツノマタタケはアカキクラゲ科のキノコである。本種は、春~秋に、主に針葉樹の朽ち木や杭、手摺り、ベンチ等に発生が見られる小形のキノコである。高さは1㎝前後程度で、形状は鶏冠状・篦状・海藻のツノマタ状などと多様である。子実体は橙黄色のゼラチン質~蒟蒻質で、乾燥すると白色を帯び全体的に小さくなってしまう。 
履歴    
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考