←トップ頁へ

和名 トガリアミガサタケ
漢字表記 尖り編笠茸
別名・異名
語源 和名の語源についてはアミガサタケを参照。/属名はギリシャ語の植物名morchelから。/種小名は「円錐形の」の意。
学名 Morchella conica
英名 black morel 現在写真はありません。
お持ちの方、是非ご提供下さい。
連絡先は、メニューページにあります。
仏名 Morille conique
独名 Spitz-Morchel
伊名 Spungna di primavera
西名 Cagarrias,Múrgoles
葡名
漢名 尖頂羊胆菌
植物分類 アミガサタケ科アミガサタケ属
園芸分類 盤菌類
用途 食用
原産地 北半球の温帯以北
花言葉
解説 頭部は褐色で卵状円錐形をなし狭い縦長の網目がある、柄は円筒形で淡黄土色である。子実体の高さは8~15㎝程度。
履歴
県花・国花
古典
季語
備考 ※生食すると中毒を起こす
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
22 342 「編笠茸」