←トップ頁へ

和名 チシオハツ
栃木県壬生町にて 
漢字表記 血潮初
別名・異名
語源 和名は、傘の鮮やかな色合いから。/属名はラテン語のrussus(=赤色)を語源としている。/種小名は「血紅色の」の意。
学名 Russula sanguinea
英名 Boody brittlegill
仏名 Russule sanguine
独名 Bluttäbling
伊名 Russula sanguinea
西名 Rúsula sanguínea,
Pinudi-Gibelgorri
葡名   
漢名 血紅菇
植物分類 ベニタケ科ベニタケ属
園芸分類 担子菌類
用途
原産地 北半球温帯以北
花言葉
解説 チシオハツは、ベニタケ科のキノコである。概して夏~秋に松林地内の地上に発生するキノコである。傘は径3~10㎝程度で、初め饅頭型で、やがて成熟と共に平坦になってゆく。傘の表面は湿時には粘性が有り、光沢が有り、鮮やかな血赤色である。ただし、雨に打たれると退色する。襞は密で、幾分下垂する。柄は長さ3~7㎝程度で、表面には縦皺がある。柄は概して淡紅色を帯びることが多い。肉は白色。
履歴
県花・国花
古典
季語
備考