←トップ頁へ

検索名  チクソン(竹蓀)   
和名 キヌガサタケ
漢字表記 衣笠茸
別名・異名 コムソウタケ/ツユボウ/ツースン/チクソン(竹蓀)
語源 和名は、レース状のマントを広げた様子を衣笠に見立てたから。/名は、ギリシャ語のdictyon(=綱)とphora(=持つ)の合成語で、東部から茎を囲んで白く大きな綱状の傘を持つため。/種小名は「包膜のある」の意。
学名 Dictyophora indusiata
英名 long net stinkhorn, crinoline stinkhorn, veiled lady
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 竹蓀/仙人帽
植物分類 スッポンタケ科キヌガサタケ属
園芸分類 腹菌類
用途 食用 撮影者:京都府 藤井俊夫様↑
原産地 日本/中国 撮影地:京都府木津川市
花言葉
解説 キヌガサタケはスッポンタケ科の茸である。白いレースにも似たマントを広げる美しい茸である。そのために「キノコの女王」とも呼ばれる。とにかく純白食のレースを竹藪などで目にすると、思わずはっとさせられる。ただし、レース状のマントは見事だが、反面で悪臭を放つ点はいただけない。中国料理には、スープの材料として欠かせないキノコであるが、我が国では、あまり食さない。歯切れ、舌触りの良いキノコであるため、中国では人工栽培もされているという。本種は、概して梅雨時~秋に竹林や森に発生するキノコである。殻に入った太さ2~3㎝程度の柄(白色海綿状)の上に径2~4㎝程度の鐘形の笠をつける。笠には網目状の隆起があり、表面にグレバ(胞子液)をつけハエ等を誘引する。更に、笠の内側からは白いレース場のマントをほぼ円錐状に下垂する。このマントは、大きなものでは径20㎝にも及ぶと言う。
履歴
県花・国花
古典 『物品識名』
季語
備考 日光市・竜王峡にて→
撮影:GKZ
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
22 343 「編笠茸」