←トップ頁へ

和名 タマゴタケ
漢字表記 卵茸
別名・異名
古名 幼菌→
語源 和名は、傘を開く前の幼菌時の色・形状とから。/属名は、小アジアの地名のAmanus山脈に産することに因んでいる。/種小名は「半分染めた」の意。
学名 Amanita hemibapha
英名 half-dyed slender Caesar
仏名
独名
伊名 撮影地:栃木県三毳山
西名
葡名
漢名 紅黄鵞膏
植物分類 テングタケ科テングタケ属
園芸分類 担子菌類
用途 食用
原産地 日本を含む東アジア/北アメリカ(東部地域)
花言葉
解説 タマゴタケは、テングタケ科の茸である。テングタケ科のキノコは概して有毒であるが、このタマゴタケだけは食用に供される。概してシイブナナラモミなどの樹下に自生する。幼菌は、白色の外被膜に被われ、卵形でである。次第に、写真に見られるように膜の上部が破られて赤もしくは橙赤色の傘が現れる。すっかり開いた傘は径6~18㎝程度となる。傘の周辺には放射状の溝線を見せる。ひだは黄色。柄の長さは10~20㎝程度。柄には黄色地にまだら縞模様が見られる。柄の上部には橙黄色のつば、下部には白色のツボがある。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考