←トップ頁へ

和名 ドクササコ
漢字表記 毒笹子
別名・異名 ヤブシメジ(藪湿地)/ヤケドキン(火傷菌)
古名  
語源 和名は、竹林や笹の藪に自生し、猛毒であることから。/属名は、ギリシャ語で「押さえて凹んだ頭」の意。/種小名は「末端紅病状の」の意。
学名 Clitocybe acromelalga
英名
仏名   宮城県仙台市にて
独名   
伊名
西名 
葡名 
漢名 紅褐杯傘
植物分類 キシメジ科カヤタケ属
園芸分類 担子菌類
用途 食用不可(有毒)
原産地 日本(主に日本海側)/韓国
花言葉
解説 ドクササコはキシメジ科のキノコである。概して、タケ・ササ・雑木林等に群生を見られるキノコである。傘は3~10㎝程度。中央部が凹んで浅い漏斗形となる。表面には粘性が無く、平滑で茶褐色~橙褐色。ひだは淡いクリーム色~淡黄土色で、柄に垂生し、密生する。柄は長さ3~7㎝程度で、傘とほぼ同色。このキノコは猛毒で、食すると手足に焼け火箸を突き刺すような激痛があり、手足は赤く腫れ上がり、その症状が1ヶ月以上も続くという。本種と食用可のカヤタケが似ているために、要注意のキノコである。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考