←トップ頁へ

和名 チャナメツムタケ
漢字表記 茶滑紡錘茸
別名・異名 ツチナメコ(土滑子)/ジナメコ(地滑子)
古名
語源 和名は、所謂ナメタケの一種であるが、傘が茶色で形状が紡錘形となることからか。/属名は「鱗片のある耳」の意。/種小名は「滑らかな、つるつるした」の意。
学名 Pholiota lubrica
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 粘盖环銹傘  撮影者:東京都 中村利治様
植物分類 モエギタケ科スギタケ属 撮影地:筑波実験植物園
園芸分類 担子菌類  
用途 食用  
原産地 北半球全般  
花言葉  
解説 チャナメツムタケは、モエギタケ科のキノコである。概して秋に広葉樹林内の地上に発生するキノコである。傘は径5~10㎝程度で、初め饅頭形からやがて平開する。傘の表面は煉瓦色であるが、周辺部位は帯褐色~帯黄褐色の鱗片を点在する。柄は長さ5~10㎝で、下方は膨らむ。柄は白色であるが、基部は褐色となる。 
履歴  
県花・国花  
古典  
季語  
備考