←トップ頁へ

和名 チャカイガラタケ  
漢字表記 茶貝殻茸
別名・異名
語源 和名は、茶色の貝殻のような形状のキノコだからと推測される。/名は、daedalea(=ホウロウタケ属)と~opsis(=似ている)の合成語からで、「ホウロウタケ属に似た」の意。/種小名は「三色の」の意。
学名 Daedaleopsis tricolor
英名 Thin walled maze polypre,
Blushing bracket
仏名
独名
伊名
西名 栃木県壬生町にて→
葡名
漢名 三色拟迷孔菌
植物分類 タコウキン科(←サルノコシカケ科)チャミダレアミタケ属
園芸分類 多孔菌類
用途 食用不適
原産地 北半球全般
花言葉
解説 チャカイガラタケは、タコウキン科(←サルノコシカケ科)のキノコである。概して桜やハンノキ等の広葉樹の枯幹や倒木に、夏~秋にかけて、多数が瓦状に重なり合って発生し、剤を白く腐らせる。傘は半円形で扁平。傘の径は3~8㎝程度。厚味は5㎜前後程度度。傘の表面には暗紫褐色、黒色、褐色、紫褐色等の多彩な色合いが入り混じって渦模様を生じ、細かい放射状の皺を持つ。傘の縁は非常にに薄く、細かい鋸歯状である。肉は革質。傘裏は襞状。柄は持たない。
履歴
県花・国花
古典
季語
備考