←トップ頁へ

和名 スッポンタケ  写真上撮影者:東京都 中村利治様↑
撮影地:筑波実験植物園 
漢字表記 鼈茸
別名・異名
古名   幼菌→
語源 和名は、殻を破って傘と柄とを伸ばす様子がスッポンを思わせることから。/属名はギリシャ語のphallus(=陰茎)を語源としている。/種小名は「淫らな」の意。
学名 Phallus impudicus
英名 Common stinkhorn
仏名 Satyre puant,œuf du diable
Phallus impudique,
独名 Gemeine Strinkmorchel  中尊寺境内にて↓/撮影:GKZ
伊名 Satrione,Uovo del diavolo
西名 Falo hediondo,Etsa-zakil,
Ou del dioble
葡名   
漢名  白鬼笔 
植物分類 スッポンタケ科スッポンタケ属
園芸分類 腹菌類
用途 食用可
原産地 北半球の温帯地域
花言葉
解説 スッポンタケはスッポンタケ科のキノコである。概して夏~秋に、竹林下、庭園、林地等に発生が見られるキノコである。幼菌時は、掲載した写真に見られるように径5㎝前後程度で白色の球形殻に収まる。殻の中で柄が伸びると、殻を突き破り傘と柄とを突き出す。傘径は3~5㎝程度で、頂部は円盤状で穴がある。傘の表面には網目状の隆起があり、暗緑色の粘液化したグレバをつけ悪臭を放つ。柄は円筒形で、白色・中空。
履歴   
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考