←トップ頁へ

和名 シロオニタケ
漢字表記 白鬼茸
別名・異名
語源 和名は、全体的に白色で、傘に角状のいぼがあることからか。/属名は、小アジアの地名のAmanus山脈の名に因んでいる。/種小名は「Amanita virginea種に似た」の意。
学名 Amanita virgineoides
英名 False Virgin's Lepidella
仏名
独名 撮影地:奈良県
伊名 大和郡山市・矢田丘陵
西名
葡名
漢名 錐鱗白鵝膏菌
植物分類 テングタケ科テングタケ属
園芸分類 担子菌類
用途 食用の可否不詳。
原産地 日本/朝鮮半島/中国
花言葉    撮影者:京都府 藤井俊夫様↑ 
解説 シロオニタケは、テングタケ科のキノコである。写真に見られるように全体的に白色である。概して夏~秋にかけて、シイ、カシ、クヌギ、コナラ等の林床に発生するキノコである。傘は径9~20㎝程度で、表面は微粉に覆われ、錐状のいぼを付着する。このいぼ状の突起物は落ちやすい。ヒダはクリーム状で密にある。柄は長さ12~22㎝程度で、下部は膨らみを見せる。つばは、傘が開くときに落ちてしまう。若い柄には、傘同様にいぼがある。  
履歴
県花・国花 撮影:GKZ→
古典1 撮影地:栃木県壬生町
古典2
季語
備考