←トップ頁へ

和名 ヌメリスギタケモドキ
漢字表記 滑杉茸擬
別名・異名
古名
語源 和名は、ヌメリスギタケに似ているが異なる存在であることから。/属名は「鱗片のある耳」の意。/種小名は「金色の毛のある」の意かと推測される。
学名 Pholiota aurivella 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
英名 Golden Pholiota
仏名 Pholiote dorée
独名 Goldfell-schüpplings
伊名
西名
葡名
漢名 金毛磷傘
植物分類 モエギタケ科スギタケ属
園芸分類 担子菌類
用途 食用可
原産地 日本・ヨーロッパ・北米・ロシア極東地方
花言葉
解説 ヌメリスギタケモドキは、モエギタケ科の担子菌である。概して夏~秋に広葉樹の枯幹に発生が見られるキノコである。傘は饅頭型~平に開き、ゼラチン質で、強い粘性がある。色は黄色から黄褐色で中央部分が色濃くなる。傘の表面には尖った粗鱗片が密につき、中央部に行くほど密になる。この刺状の粗鱗片は、雨で流されてしまうことも多い。ひだは黄白色~黄褐色~鉄錆色で、密につく。柄にはつばがあるが消えやすい。柄は下方が不徳なる。同属で似たキノコのヌメリスギタケの場合には、柄にも粘性があるが、本種の場合には、柄に粘性が無い。、
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考