←トップ頁へ

和名 ニセキンカクアカビョウタケ
漢字表記 偽菌核赤鋲茸
別名・異名
古名
語源 和名は、傘の色並びに形状から。/名はギリシャ語のdphalos(=頭)とspora(=胞子)の合成語から。/種小名は「赤角状の」の意。
学名 Dicephalospora rufocornea 現在写真はありません。
お持ちの加多、ご提供下さい。
連絡先はメニュー頁にあります。
英名
仏名   
独名
伊名
西名
葡名
漢名 紅硬雙頭孢菌
植物分類 キンカクキン科ニセキンカクキン属
園芸分類 盤菌類
用途 食不適
原産地 日本/台湾/熱帯アジア/ニュージーランド/メキシコ/グアテマラ
花言葉  
解説 ニセキンカクアカビョウタケはキンカクキン科のキノコである。概して夏~秋に広葉樹の落枝上に発生の見られるキノコである。子嚢盤は径3~5㎜程度でえゼラチン質の皿状。色は鮮黄色~赤紅色。柄は長さ1~4㎜程度で、色は淡黄色~橙黄色で、基部は黒ずんでくる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考