←トップ頁へ

和名 ニンギョウタケモドキ
漢字表記 人形茸擬
別名・異名
古名
語源 和名のニンギョウタケにいていることから。/属名の語源不詳。/種小名は「互いにくっついた」の意。
学名 Albatrellus ovinus(=Polyporus ovinus)
英名
仏名
独名
伊名 Fungo del pane
西名 Poliporo ovino
葡名
漢名  綿地花菌
植物分類 ニンギョウタケモドキ科(←サルノコシカケ科)ニンギョウタケモドキ属
園芸分類 担子菌類
用途 食用
原産地 日本、ヨーロッパ、北米 撮影者:東京都 中村利治様
撮影地:筑波実験植物園
花言葉
解説 ニンギョウタケモドキはニンギョウタケモドき科のキノコである。夏の終わり頃~秋に、針葉樹林に地生する。傘は径10㎝程度の円形~不整形で、表面は淡黄褐色~褐色で、細裂していることが多い。管孔は柄に垂生する。柄は、傘の中心から扁心し、白色となる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考