←トップ頁へ

和名 ニンギョウタケ  
撮影者:東京都 中村利治様
漢字表記 人形茸
別名・異名
古名
語源 和名の語源不詳。(表面が肌色をしていて滑らかであることから?)/属名の語源不詳。/種小名は「互いにくっついた」の意。
学名 Albatrellus confluens(=Polyporus confluens)
英名
仏名 Polypore confluent  
独名 Semmel-Porling
伊名 Fungo del pane
西名
葡名
漢名   
植物分類 ニンギョウタケモドキ科(←サルノコシカケ科)ニンギョウタケモドキ属
園芸分類 担子菌類
用途 食用
原産地 日本、ヨーロッパ、北米
花言葉  
解説 ニンギョウタケはニンギョウタケモドき科のキノコである。秋に、松林に折り重なって発生する。傘は径5~15㎝の篦形~団扇形であるが成長に伴い互いに押し合うので形状に歪みが出る。表面は黄色~肌色で、滑らかである。管孔面は白色~クリーム色。肉は厚味があり、肉質である。柄は太いが、中心を外れたり、側方に付いたりする。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考